教員ブログ

奈良学習館

2024.05.24

大学時代の友に感謝

米田先生 執筆者:リタ学園 奈良学習館 広報担当  米田 和英

大学時代の友達より電話があり「75才を過ぎ身体が元気なうちに、大学時代に親しかった友達を広島に招いて、思い出話をしたい」との内容であった。名前と話し方を聞いて学生時代の顔が懐かしく思い出された。彼は卒業後地元の広島県に帰って就職したため、年賀状での近況報告のみで40年以上は会っていなかった。

大学時代、友達の一人が大学近くに下宿していたので、講義がない時間や休講の時、集まってはだべったり、麻雀をしたりしていた。時にはそのまま麻雀を続けて授業をサボったこともあった。下宿を借りていた本人は、嫌な顔一つせずに向かい入れてくれ今までも感謝している。

特に親しかった私を含めて三人の友達と連絡を取り合い6月下旬に訪問することになった。連絡を取り合った友達同士も40年以上、年賀状の交換だけだったが、電話をすると学生時代の話し方が聞こえてきて、タイムスリップしたような感じで気持ちが通じ合う快さを感じた。このような機会を提供してくれた広島の友に感謝すると共に、再会を楽しみにしている。

大学時代、お互いにありのままの自分を出しながら付き合ってきた友達だったと思う。何十年経っても、連絡し合えばいつでもその時代に戻った気持ちで会話ができる友がいる。人生の宝物だと感じている。


Q.好きな歴史上の人物はいますか?理由も合わせてお願いします!

『伊能忠敬』さんです。
50歳のとき江戸に出て、地球の大きさを測るため天文学・暦学を学び始め、シニア世代の17年をかけて日本全土を実地測量し、初めての実測による日本地図を作成した。
シニア時代に現役時代を超える偉業を成し遂げられた、その姿勢に学びたいと思っています。

2024.05.17

5月病対策

平井先生 執筆者:リタ学園 奈良学習館 理科・利他育担当  平井 さくら

大型連休も終わりいかがお過ごしでしょうか?
新学期は環境の変化もあり、特に5月は心身に不調がでやすい時期とも言われています。
5月病の対応策としては、日頃からストレスを溜めないことが大切と言われています。

私は4年前に保護犬のゴールデンレトリバー『ムーン』をお家に迎い入れ、日々癒されています。
実はゴールデンレトリバーを飼うのはこれで3度目になります。笑
『ムーン』は大人しい性格で吠えたりせず、大きな音が苦手で散歩にも行きたがりません。
心配になりますが、唯一ご飯の時だけ凄く喜びます!

みなさんもぜひ自分にとっての楽しみや癒しを見つけてくださいね。
小さなことでも良いので趣味や好きなことを見つけるとストレスが軽減されたり、将来の仕事にも繋がったりすると思います。


Q.好きな歴史上の人物はいますか?理由も合わせてお願いします!

『伊能忠敬』です。
55歳から約17年かけて自分の足で歩いて日本全国を測量したのが凄いと思います。
他人から無理だと言われても信念を持ちやり遂げたからかっこいいなと思います。

2024.05.03

新しいチャレンジ

松原先生 執筆者:リタ学園 奈良学習館 数学教員  松原 輝

新しいことにチャレンジしていくって、活気にあふれていて気持ちいいですよね。
やってみると楽しいだけではなく、問題も出てきたりしてなかなか大変だったりします。

私も新しくチャレンジをしていることがあります。
プライベートで『YouTuber』に挑戦しています!
個人的な挑戦なのでここでチャンネル名などを出すのは控えます。
興味がある人は奈良学習館に来て直接私に聞いてみてください。

やってみると新たな発見があります。
「動画を撮るにはたくさんの機材が必要になるんだな。」
「動画編集ってこんなに大変なんだ。」
今まで何気なく見ていた動画の見方も変わってきました。

私は結構なんでも試してみて、合ったら続ける合わなかったらやめるといった形で、挑戦することは多いのですが、YouTubeはわりと楽しいと感じています。
生放送は視聴者の生の声がわかりますが、準備の手間や編集作業を考えると通常の動画よりも簡単で楽です。

皆さんもぜひ失敗を恐れず、いろいろなことに挑戦してみてください。
失敗から学ぶことで人間は成長するのだから。


Q.好きな歴史上の人物はいますか?理由も合わせてお願いします!

尊敬している人物は『福沢諭吉』です。
当時まだ日本に浸透していなかった様々な言葉を、日本風にアレンジして作り出した福沢諭吉の功績は素晴らしいと思っています。

2024.05.01

【先生インタビュー】葉山先生

上田先生 執筆者:リタ学園 神戸学習館 担任  上田 遥香

今回は特別回です!
リタ学園 奈良学習館昨年度3年生担任(現1年生担任)の葉山先生にインタビューしてみました✨
※インタビュー内容は昨年度3年生担任時のものです。

-昨年度3年生の担任を初めて任された時の気持ちはどうでしたか。
初めて入学から見てきた生徒がもう3年生で早いなという気持ちと、1年後彼らはどんな姿で卒業していくんだろうという気持ちでした。

-昨年度の3年生はどんなクラスでしたか。
とにかく自由で、笑顔の多いクラス。ただ、やるときはやる生徒たちでした。

-昨年度1年を一言で表すと?
生徒のご家庭とより向き合えた1年でした。
進路を決めるにあたり、本人はもちろん保護者の方とも本当にたくさんお話しをした1年間だったと思います。

-3年生の担任として印象に残っている出来事はありますか。
2学期末に補講が無く、終業式で全員に通知表を渡せたことです。
入学当時の登校日数を考えると、みんな学校に来れるようになったなと成長を感じたのを覚えています。

-葉山先生はバドミントン実業団『YAMATO奈良』のキャプテンだとお聞きしました。その両立はどうでしたか?
学園に来てから生徒の変化を見落とさないように意識して過ごしてきたので、その甲斐あってか選手やチームに対しても気づきが増えたように思います。
ポスターやSNSをみてくれる生徒もいるので力になります。

-3年生の担任として特に意識していたことは何ですか?
高校生活に後悔なく卒業を迎えてもらうことです。
1・2年生の時は中々うまくいかなかった生徒もいましたが、進路や資格取得、バイト、遊び、友達など、それぞれの目標や楽しみを見つけ、「楽しかった!」「良かった!」と悔いなく卒業を迎えてもらいたいなと思い接した1年でした。
私達が近くで見守り、サポートできる高校生活の間にいろいろ挑戦してもらえて良かったと思います。

-葉山先生、インタビューありがとうございました!

2024.04.26

えにし

三好先生 執筆者:リタ学園 奈良学習館 副館長・商業 三好 敏生

春は出会いと別れの季節です。
この出会いと別れも、自分にとって必要だからこそ起こる出来事だと思います。
最近、人との出会い【縁(えにし)】を大切にしています。
どんな事を心掛けているかというと、これまで全く面識のない人でも、今この瞬間に出会ったということは、自分自身にとって「必然」だと捉え、自分から声をかけて関係を築いています。

先日もSTAR株式会社の代表取締役、山下佳二宏さんとの縁を築きました。
とても熱い思いを持った山下さんは、波乱万丈な人生をおくりながらも現在を輝いて生きておられます。
たくさんの若い人に勇気と希望を分け与えてくださる方ではないかと思います。
私自身教職に就きながら、山下さんのように生徒の前で熱く語り、生徒の人生に影響を与えられるような事ができているのか?反省の機会となりました。

そんな山下さんの講演会をリタ学園のYouTubeチャンネルにてアップしております。
【STAR株式会社 代表取締役 山下佳二宏さん講演会】

偉人って実は身近にいるんですよね。
それに自分自身が気付いていないだけで。
自分から進んでどんどんアプローチしていかないと、大切な人との出会い(チャンス)を見逃すことになるかもしれない。
そんなのモッタイナイじゃないですか。
『チャンスは自分の手でつかみとる』そんな前向きな気持ちが、【縁(えにし)】につながると思うのです。
今をしっかり生き、流された人生だけは送らないと誓う三好先生であった。


Q.R6年度の目標を教えてください。

【縁(えにし)】を広げ、人に良い影響を与えられるようになる。